日本画家・大島哲以展

4月4日まで 刈谷市美術館

【会場の様子】

 刈谷市美術館で4月4日まで、常設展「大島哲以 幻想絵画から書籍の仕事まで」が開催されています。

 擬人化した動物や植物など、独特な幻想絵画を描き続けた愛知ゆかりの日本画家・大島哲以(1926-99年)。同館コレクションの中から絵画をはじめ、版画、児童書や時代小説の原画、多様な領域の作品群を展示。人間の生や死、愛や性を見つめ、妖しくも優美な幻想世界を築き上げた画業を振り返ります。

 午前9時~午後5時。入場無料。月曜休館。問い合わせは、同館TEL0566-23-1636

関連記事一覧